火災による被害のリスクが抑えられる

オール電化の一番のメリットとして言われるのが、火災被害のリスクが少なくなるという安全性です。

賃貸物件でもオール電化を利用すればボヤ騒ぎなどを予防することができますし、自分だけではなく同じ物件内に住んでいる人たちからの火災被害のリスクもなくなります。このため火災による被害を心配することはありませんし、一酸化炭素中毒やガス漏れなどの被害の心配もなくなるのです。

料金精算が手軽になる

一般的な賃貸物件ではガス料金と電気料金を別々に支払うようになっていますが、オール電化賃貸物件の場合はガスを使用しないのですべて電気料金で精算します。このため光熱費の支払いの手間が少し減りますし、手続きに関しても別々に連絡をしなくてもいいというところがメリットの一つとして挙げられています。

ガス料金分の電気料金がかかるのではないかという意見もありますが、電気料金は夜間帯の使用に関しては割引が利くという特徴があります。このためガス料金を別に払うよりも節約しやすいところが、電気料金の大きな魅力です。

キッチンがIHになるので掃除の手間がかからない

オール電化になると色々な設備が通常の賃貸物件と異なってくるのですが、大きく異なるのがキッチンです。一般的にはガスコンロが設置されているのですが、オール電化賃貸の場合はIHコンロになります。

IHコンロはガスコンロと比較して掃除や手入れがしやすいのが特徴なので、料理をした後にすぐにきれいな状態を維持することができます。また火加減などの調整もボタン操作やタッチ操作で手軽にできるので、ガスコンロでは難しい微調整がしやすいところもメリットの一つです。

千歳の賃貸を借りるには相場を知っておくと探す上で目安になり、とても便利です。例えばワンルームを借りると約3万円、1Kや1DKは約3万5千円など予算と物件の広さを照らし合わせてみることをおすすめします。