店舗デザインとはどういうものか

店舗デザインとは、たとえば飲食店を開業するにあたって、内装工事をどのようにするのかというものをさします。

店舗デザインは一度設定してしまうと変更することがとてもむずかしいため、慎重に進めていく必要があります。

店舗デザインは、飲食店、美容室など、さまざまなものがあります。

店舗デザインで注意すること

飲食店を例にあげましょう。お店の雰囲気をどのようにしたいのか。料理だけでなく、内装もムードのあるものにしないと、お客様はリピートしてくれません。

すでに理想となるデザインがあるのなら、それを例にして、注文するとよいです。照明は明るくするのか、それとも暗めにして大人の雰囲気を出すのか、またテーブルやイスはどのような材質のものを使うのかなど、細かな点が積み上がって店舗デザインが決まります。

一からのスタートか、居ぬき案件か

店舗デザインを行なう際、物件だけあって一切の内装がない場合と、いわゆる「居ぬき」といってすでにある店を使う場合との両方があります。

一から始める場合は、自由度は高くなりますが、その分経費もかかります。かといって居ぬき案件だと、大幅な変更ができないため、デザイナーが腕を発揮する場面も少なくなるでしょう。

店舗デザインはコンペ方式で

店舗デザインを作成するときは、コンペ形式にして、いろいろなアイデアを比較することが必要です。

デザイン会社により、得意な分野が違ってきますので、自分のお店の特徴をもっともよく表してくれるデザインを選びたいものです。

そして経費についても十分確認しておきましょう。

実際に工事にあたって、追加費用が発生してしまっては、打撃が大きすぎるからです。

店舗の内装がイメージ通りに仕上がるかどうかは、業者選びにかかっています。ネットで検索、比較することも可能ですが、できれば実際に連絡して見積もりを取ることをおすすめします。