窓の位置で夏の涼しさをアップ

地球温暖化と言われ、世界的にも気温が高くなっているとされています。日本では毎年のように猛暑になると言われ、35度以上の日が何日も続くときがあります。一応エアコンなどを使えば暑さはしのげるものの、エアコンなしでも快適に住める家造りをしたいと考える人もいるでしょう。少し間取りを変えるだけで夏でも涼しく住める家になります。ポイントとして風通しをいかに良くするかがあります。夏に風が良く通るのが西から北にかけての風です。つまり西側と北側に窓などがあれば、そこから風が入るようになります。後は入ってきた風を循環できるようにすれば、家の中全体に風が行きわたるようになります。さすがに昼はエアコンがいるでしょうが、夏はエアコンなしでも寝られるぐらい快適になります。

外の影響を受けにくい間取り

日本には四季があり、冬は厳しい寒さがあり夏には厳しい暑さがあります。地域によって多少差があるものの、都市部においても同じような傾向が見られます。かつての日本家屋は、夏の暑さに対応できるよう風通しのいい作りになっていました。その分冬はかなり寒さを感じやすくなります。夏に涼しく冬に暖かい間取りにするには、いかに外気の影響を受けない部屋を作るかになるでしょう。リビングなど明るい部屋などは窓のある部屋にしたいでしょうが、子供部屋や寝室などは必ずしも窓は必要ありません。そこで周りを部屋や収納で取り囲むような間取りにするとよいかもしれません。その一方で風通しを良くしたり遮断する仕組みを作れば、一年を通じて快適に過ごせるようになります。

毎日の生活の基盤となる家や賃貸を探す時には、日々の生活の中で移動する動線に不自由が無いか、寛ぐ部屋への陽射しは十分に有るかを確認して納得の行く間取りの物を選ぶ事が大切です。